最後のディズニープリンセス

インターネットのうわさによると、一番最後のディズニープリンセスは全てをさらさらなものにするそうです

Twitterをやっていたらこのような文章に出会った。以下抜粋。

「控えめに言ってさ

お遊戯マリオカート大会でアラサーおばさんたちが泣き始めてそれを慰めるために童貞おじさんたちが大金投げてヨシヨシするって地獄絵図だよね?

特別擁護学級でもこんなことにならねぇぞ」

特別擁護学級。よい言葉ですね。

この主張はほとんど正しい。言い過ぎな感じもするが面白いので全然いい。むしろ問題なのはVtuberの方だろう。ところで、今戌神ころねさんの動画を見ています。こういう立場を私は取っている。

Vtuberは客層的に教育テレビの形を取ったほうがいいだろう。今のところ、私の知る限りときのそらが恐らくそれに一番近い。

客層的にというのは、Vtuberを見ている人間は基本的に精神がおかしい(これはVtuberの側にも言える)ので、精神がおかしな人間たちがおかしなことをしださないよう、Vtuberはもっと客と壁を作るべきだろう。もちろんこれは演者側にも倫理的に善いことだと思っている。Twitterでエロいだの中出ししたいだのr18イラストを描かれまくられるだの自身の配信活動と関係のない人間関係まで百合だのレズセだのと

 

書く気が失せた。言いたいこととしてVtuber はかなり人権をふみにじっている文化のように思える。母親を配信に呼ぶのもいいことなのかどうか分からないが、その母親の声がエロいだのエロいイラスト書くだの、基本的に基本的な人権がふみにじられているだろう。が別に俺は兎田ぺこらを見るし、戌神ころねを見ている。別にそんなに下品でもないといえばないかもな。という気もしている。この辺りは適性の有無という話になる。楽しめる人間だけうんたらかんたら。